2006年04月17日

すぐ忘れてしまう大切なこと。<4つのコンセプト>

この記事は、前野さんのブログからいただきました。

すぐ忘れてしまうので、おすそ分けがてら残しておこうと思います。

(1)私たちは、「この世」という広場で、寿命まで遊ばせて
   もらっているのです。
   だから、日々の出来事は、オモチャみたいなものです。
   気に入らないものがあったとしても、それに執着して、
   大騒ぎすることもありません。
   「遊び道具」なんですから、しばらく付き合ってみて、
   飽きたら手放すか、別のものに取り替えればいい。
   そんな感じで寿命まで過ごしてみませんか。

(2)人と争ってまで、手に入れなければならないものはない。
   必要なものは、すでに持っているか、手を伸ばせばすぐ
   に手に入るようになっています。
   だから、人と争ったり、我を張って必死になって、エネ
   ルギーを消耗してまで、手に入れなければならないもの
   はありません。そんなことをしていると、せっかく素敵
   なものが近くまで来ているのに、見過ごしてしまうこと
   にもなりかねえません。

(3)その人は、その人のままでいい。
   人間関係がうまくいかないとき、誰かにアドバイスを求
   めると「相手のよいところを探しましょう」なんて言わ
   れることがありますが・・・
   いかに「その人は、その人のままでいい」と肯定できる
   か。そういうゲームを日々やっているんだと解釈してみ
   てください。相手の言動は、常に自分へのメッセージ。
   「相手に問題なし」です。
   自分の器の広さが問われているだけです。

(4)苦難は、通過させるもの。
   今、苦しいのは、次の段階に行く前兆です。
   だから、抵抗しないで、通り過ぎるまで悠然と眺めてい
   ましょう。それもまた、やがて過ぎ去りますから。
posted by 中村伸朗 at 22:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック